札幌デザインウィーク開幕!

いよいよ、本日19日より札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ)をメイン会場に
札幌デザインウィーク2016が始まります。

今回で12回目を迎えます。

今年も『デザインで札幌をつくる』をテーマに、
建築・インテリア、プロダクト、グラフィック、ファッションなど
様々なジャンルの大学・専門学校、デザイン団体、ショップなどが出展しています。
キタサン広場では5日間、講演会やワークショップが日替わりで開催されます!

会期は19日~23日の5日間。
時間は10時30分~18時30分(最終日17時まで)です。

我々UN40-北海道の40歳以下の建築家-では、
「オリパラボ発表会」と「備災」という2つのイベントを開催します。

 

「オリパラボ発表会」は昨年のSDWでUN40が発表した札幌冬季オリンピックを考える「SAPPORO+43」を元に、
札幌の5つの大学・専門学校の学生に会期中・会期後の姿を提案してもらいます。
北1条イベントスペースで会期中展示、20日夕方にはキタサン広場にて建築家・アスリートなどのパネラーに講評頂きます。

「備災」は災害が増えている昨今、起きてからではなく起きる前の備えることの大切さを
デザインを通して、市民の方々に考えるきっかけとなればと企画した展示です。
こちらは北1条イベントスペースで5日間です。

 

その他にも盛りだくさんな5日間。
ぜひ、ご来場ください!

概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ
copyright © UN40 Hokkaido All Right Reserved.